チーム力開発・営業変革のアイマム

home > ニュース&トピックス > アイマム「チームマーケティング研究会」、日本マーケティング学会で発表

プレスリリース

2017年10月22日

アイマム「チームマーケティング研究会」、日本マーケティング学会で発表

組織や営業変革の研修を提供する株式会社アイマム(本社:東京都港区、http://www.i-mam.co.jp/ 以下、アイマム)の代表取締役社長嶋谷光洋は、2017年10月22日(日)に開催された日本マーケティング学会の「マーケティングカンファレンス2017」(早稲田大学)にて「チームマーケティングによる人材開発と業績向上の立証-人が育ち、成果を上げるチーム作り」と題した発表を行いました。


プレゼンテーション

書籍イメージ
ポスターセッション様子

■発表内容
25社300チームでの実践で、人が育ち業績向上させるプログラムは可能であることを実感。人材開発の手法とマーケティングのフレームワーク、180日間という時間制限を設定することで、チームは、メンバー同士で創発し、顧客への新しい価値提供の機会が増えることで成長し、その結果、顧客からの評価を得て業績も向上するというスパイラルが形成されるのです。これらのスパイラルを観察し、当社は、チームの成長と業績向上を実現することをチームマーケティングと定義しました。この理論は、アメリカの国力を世界第一位にした成功事例を分析して導き出した著名なマルコムボルドビッチ国家品質賞のフレームワークとも共通する要素があることも発見しました。当社の特徴は、180日間という期間を設定していることであることを改めて認識しました。収益構造の見直しを目的としているため、コミュニケーションを良好にすることを目的とするチームビルディングとは異なり、営業課題に対してチームで協働するため個人営業とも異なります。

■チームマーケティング研究会メンバー
嶋谷光洋(株式会社アイマム 代表取締役)
仁科雅朋(株式会社アイマム 専務執行役員)
津田陽一(株式会社アイマム 執行役員)
丹羽律(株式会社アイマム 組織開発担当執行役員)
塩田勝久(株式会社アイマム お客様担当執行役員)

■アイマムの代表取締役社長 嶋谷光洋コメント
研究者パートナー発掘の目的は達成することができました。研究者だけでなく、大手広告代理店、経済産業省、自動車メーカー、報道関係者などに関心を持っていただきました。「体験のブランド化ができる」「体験共有→ファン化→リピート→売上拡大→クライアント成長といった可能性を感じた」「イノベーション人材育成によさそう」「世界のトレンドとマッチしている」「インターナルコミュニケーションの研究対象にしてみたい」といった意見が寄せられました。有意義な意見交換により、180日の近未来を実感し、次の展望が見えてきました。

【アイマムについて】
チーム力開発と営業変革を軸としたサービスを展開。理念は、教育をしなくても人が育つ創発する組織を作ること。チームが化学反応を起こせる創発空間作りとその習慣化を支援するプログラムを提供。2000年にOJTを効果的に行うメソッドOJCを開発。2003年、他社に先駆けてアクションラーニング事業開始。2004年には提携講師・コーチ・コンサルタントが200名を超える。2005年営業コンサルティング事業を開始。現在の主力サービスは、「180日間営業変革プロジェクト」「180日間マネジメント変革研修」。主な取引先は、大手鉄鋼メーカーグループ・大手食品販売グループ・大手レンタルショップ等。

名称  :株式会社アイマム
代表者 :代表取締役社長 嶋谷光洋(しまたに・みつひろ)
本社  :〒105-0013 東京都港区浜松町1-30-5 浜松町スクエアStudio1407
設立  :2000年
資本金 :1,000万円
事業内容:① 創発するチーム作りによる組織風土変革コンサルティング
     ② 営業分野のコラボレーション事業
     ③ 人材育成プログラム開発
URL :http://www.i-mam.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社アイマム TEL:03-5408-6151 press@i-mam.co.jp

  • セミナー一覧

アイマムへのお問い合わせ

ご質問やご相談を承ります

03-5408-6151

お問い合わせフォーム